お役立ちガイド

用語集

  • さ行の用語集
  • 新型ケアハウス

    介護利用型軽費老人ホームとも言います。介護保険法の基準を満たして居宅サービス事業の指定を受けたケアハウスのことです。新型ケアハウスの入所者は介護保険給付の対象である特定施設入居者生活介護を受けることができます、特別養護老人ホームに代わるものになることが期待されています。

    関連する用語

    一般型特定施設入居者生活介護
    食事や介護などのサービスが受けられ、介護保険で定められた基準を満たし、都道府県および政令指定都市ならびに中核市より認定を受けている有料老人ホームのことです。要介護者3名に対して介護スタッフが1名以上配置されています。
    ケアスタッフ
    介護スタッフのことを言いますが、資格が必ず必要とは限りません。看護師兼務の場合もあります。
    介護老人保健施設
    老健(ろうけん)と呼ばれ、治療が済んだ後、病状が安定するまでの高齢者を受け入れている施設です。退院後すぐに自宅に戻ることができない高齢者に介護サービスだけでなく、医療サービスやリハビリ指導なども提供します。原則として、長期の入居には対応しておらず、いずれ退去しなければなりません。
    介護福祉士
    介護についての国家資格をもつ、介護実技はもちろんさまざまな知識を有する専門職です。
    医学的リハビリテーション
    障害の予防、評価、治療訓練を包括した医学の概念。
    用語集一覧に戻る
    どんなささいなことでも構いません。まずはご相談ください!

    未公開情報もあります。まずはご相談ください!