お役立ちガイド

用語集

介護保険施設

介護保険法によるサービスを行うホーム(施設)で、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保険施設、介護療養型医療施設(療養型病床群など)の3種類があり、施設サービス計画に基き必要な介護および日常生活の世話を行う。要介護認定を受けた者が利用可能となる。

関連する用語

ケアスタッフ
介護スタッフのことを言いますが、資格が必ず必要とは限りません。看護師兼務の場合もあります。
介護老人保健施設
老健(ろうけん)と呼ばれ、治療が済んだ後、病状が安定するまでの高齢者を受け入れている施設です。退院後すぐに自宅に戻ることができない高齢者に介護サービスだけでなく、医療サービスやリハビリ指導なども提供します。原則として、長期の入居には対応しておらず、いずれ退去しなければなりません。
介護保険施設
介護保険法によるサービスを行うホーム(施設)で、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保険施設、介護療養型医療施設(療養型病床群など)の3種類があり、施設サービス計画に基き必要な介護および日常生活の世話を行う。要介護認定を受けた者が利用可能となる。
インフォームドコンセント
医師が患者の治療や介護方法などを一方的に決めるのではなく、本人やその家族に対して、病名や症状、診療の目的、治療や介護方法を十分に説明し、同意を得たうえで治療・看護を行うこと。
健康型有料老人ホーム
自立した高齢者が対象のホームで、食事などのサービスを受けることができる有料老人ホームのことです。入居中に介護が必要になった場合は、契約を解除し退去しなければなりません。要介護となった場合、ホーム(施設)側が併設、提携している別のホーム(施設)に移ることもあります。
用語集一覧に戻る
どんなささいなことでも構いません。まずはご相談ください!

未公開情報もあります。まずはご相談ください!