信頼できるケアマネジャーの選び方とは

信頼できるケアマネジャーの選び方とは

信頼できるケアマネジャーの選び方とは
介護サービスが必要となった際、その調整や介護の計画を立ててくれるのがケアマネジャーです。 介護についての相談、手続きに関する役割なので、ケアマネジャーとの信頼関係はその後の介護生活に大きく影響するでしょう。 この記事では、ケアマネジャーについてなどを含め、信頼できるケアマネジャーの選び方を詳しくご紹介します。  

この記事の目次

ケアマネジャーとは?

ケアマネジャーの選び方・ポイント

ケアマネジャーは変えてもいい?

ケアマネジャー選びはより良い介護の第一歩

ケアマネジャーとは?

ケアマネジャーとは、介護の計画を立てるうえで欠かせない専門職です。

家族や本人の状態を相談し合い、今後の目標を決めつつ方針を定めていってくれます。

介護を受けるには、今困っていること、維持したい機能、限られた介護保険の単位を何に割り振るかなど、本人や家族の要望を細かく聞き取り、形にしていくことが重要となります。

 

訪問介護とは

ケアマネジャーの資格は、介護や看護の決められた職種を5年以上経験していることが必須条件です。そのため、ケアマネジャーは介護によくある悩みや困ったケースについても熟知しており、複雑な介護保険への知識も豊富な方がほとんどです。

 

より良い介護を受けていくためにも、日頃の悩みや本人の状態を良く観察し、どんな小さなことでもケアマネジャーに相談すると良いでしょう。

ケアマネジャーの選び方・ポイント

ケアマネジャーは全国で9万人を超え、どうやって選んだらよいのか悩んでしまいがちです。

ケアマネジャーも人間なので、それぞれ個性や性格、介護に対するスタイルも違います。

親身になってくれるかをチェック!

ケアマネジャーを選ぶ際、もっとも重要となるのが、親身になって相談を聞いてくれる点でしょう。必要があれば状態を直接見てくれるなど、家族とケアマネジャーの関係には、安心して相談ができるかどうかの信頼感が必要です。

困っていることを相談しても流されてしまう、きちんと聞かずにどんどん計画を立ててしまうといったことがあると、家族としては不信感が募ってしまいます。

満足のいく介護サービスを受けるには、不信感を抱えたままでは良くありません。

誰であろうと態度を変えない

2つ目のポイントとして、被介護者と家族とで態度を変えないことは基本中の基本です。被介護者への態度を見て、1人の人間として真摯に対応してくれる人を選びましょう。

サービスだけでなく人柄も見よう

3つ目に、そのケアマネジャーの長所を知ることです。

要介護者に対するケアマネジャーは「居宅介護支援事業所」に属しますが、ほぼ医療機関や介護施設などを併設していることが多く、それによりケアマネジャーが連携して活かせる点が変わってきます。

ケアマネジャー本人の人柄も含め、併設事業にも注目してみると良いでしょう。

その人が持つ知識量も判断材料に

最後に4つ目のポイントとして、ケアマネジャー本人がもつ知識量も検討材料の1つです。

介護保険は複雑で、一般の方には知らないことも多くあります。そういった疑問が出てきたとき、わかりやすく細かな説明をしてくれるかどうか、介護保険を効果的に活用できるかどうかで、その後の満足度も大きく変わるでしょう。

家族の分からないことをそのままにしてしまうと、なあなあで話が進んでしまい、介護計画も本人に必要な介護と離れてしまうこともあります。

必要な介護内容や介護保険についてなど、分からないことを任せきりにせず、何でも質問してみると良いでしょう。

ケアマネジャーは変えてもいい?

人間同士の付き合いなので、どうしても合う・合わないなども出てくると思います。

ケアマネジャーは介護を受ける側が自由に選べるため、話し合いを重ねても解決しなかったり、気になる点があったりする場合は、ケアマネジャーを変更したい旨を居宅介護支援事業所へ相談しましょう。あるいは他の居宅介護支援事業所などに相談してもかまいません。

変更をするということは、不満に思っている点を明確にし説明できるようにしておく必要があります。

きちんとした理由もなく、短期間で次々とケアマネジャーを変更していると、噂や要注意として知られてしまうこともあります。

 

とはいえ、筋の通った理由があれば、当然我慢する必要はありません。ケアマネジャーを変えたいと思ったときは、まずどこが不満なのか、どうしたら良いのかなどをしっかり話し合いつつ、解決が見えなければ他も検討していきましょう。

また、契約前に話をしておくことで、そのケアマネジャーの性格や持っている知識などをある程度把握することができます。

第一印象で何かおかしいな、と思った際は、他のケアマネジャーとも比較・検討し、長く付き合えそうな方を選んでいくと良いでしょう。

ケアマネジャー選びはより良い介護の第一歩

介護サービスで重要となるケアマネジャー。

人間同士なので、どうしてもそれぞれ個性や特徴があります。沢山いるケアマネジャーの中でも、人柄や知識量など、自分たちにとっての重要なポイントを定め、それぞれ比較してみましょう。

1度契約した場合でも、どうしても不満がある場合、不信感がある場合などは変更することも可能なので、より良いケアマネジャーに出会えるようしっかりと選びましょう。

在宅介護について

記事一覧に戻る
どんなささいなことでも構いません。まずはご相談ください!

未公開情報もあります。まずはご相談ください!