高齢者向け優良賃貸住宅の特徴や注意点とは?利用前に詳しくチェック!

高齢者向け優良賃貸住宅の特徴や注意点とは?利用前に詳しくチェック!

高齢者向け優良賃貸住宅の特徴や注意点とは?利用前に詳しくチェック!
高齢者向け優良賃貸住宅は、高齢者の住みやすさを追求した住宅であり、終の棲家としても機能的な住宅です。ただ、どこが優良なのか、特徴やメリットが知られていない住宅でもあります。そこで、高齢者向け優良賃貸住宅の特徴やメリット、気になる費用のことまでしっかり解説していきます。

この記事の目次

高齢者向け優良賃貸住宅とは

高齢者向け優良賃貸住宅の特徴

高齢者向け優良賃貸住宅のメリット

高齢者向け優良賃貸住宅の注意点

高齢者向け優良賃貸住宅の特徴をよく知っておこう!

高齢者向け優良賃貸住宅とは

高齢者向け優良賃貸住宅がどのような住宅なのか分からない人は多いですよね。そこでまずは、高齢者向け優良賃貸住宅とはどんな住宅なのから解説していきます。

高齢者の安全を確保した住宅

高齢者向け優良賃貸住宅は、高齢者の安全を確保するために建てられた住宅を指しています。認可を受けるためにも住宅基準に沿って建設しなければならないため、一般の賃貸住宅よりもバリアフリー化が行われており、安全性が高い住宅です。

国が主体となって建築をサポートしている

高齢者向け優良賃貸住宅は、高齢者が独居でも安全に生活できる環境を整えることが目的となっています。民間事業者が経営していても、国や地方自治体から補助金が出ており、半公的施設ともいえるでしょう。そのため、安全基準をごかますことができず、高い基準で安全性を確保できるのです。

サービス付高齢者向け住宅へ一本化している

高齢者向け優良賃貸住宅は、現在新たに建設されていません。これは、サービス付き高齢者向け住宅へ、さまざまな高齢者向けの賃貸住宅を一本化されたからです。一本化することでバラバラの基準が統一でき、サービス内容を分かりやすくできます。サービス付き高齢者向け住宅へ以降する可能性も高く、徐々に高齢者向け優良賃貸住宅が少なくなっていくことが考えられます。

高齢者向け優良賃貸住宅の特徴

次は、高齢者向け優良賃貸住宅への理解を深めるためにも、実際の利用に即した特徴を解説していきます。

自由に生活ができる

高齢者向け優良賃貸住宅は、一般的なマンションと同じように一室を借りて生活をします。部屋の中にはトイレや浴室が備わっており、自宅と同じように自由な生活がおくれます。さらに、部屋によってはコンロなども付けられており自室で料理も行えます。高齢者向けという以外では、自宅の変わらない生活ができるのが大きな特徴です。

介護サービスは必要性で選べる

高齢者向けということから、必要に応じて介護サービスを利用することができます。この場合、訪問介護をサービスを利用し、入浴などのケアを受けられます。ただ、この介護サービスは高齢者向け優良賃貸住宅のサービスではありません。別途介護事業者と契約することが必要なため、必要なければ受けない選択肢も取れるのです。

緊急通報などを利用できる

職員がいる場合は、合鍵などで全ての部屋の出入りができますが、常に室内の状況を把握できません。そこで、部屋の中には緊急通報ボタンなどが付けられており、なにかあったときに簡単に外部の職員や事業者へ連絡ができます。そのため、怪我や体調不良があっても解決する手段があり、安心して生活できるのです。

高齢者向け優良賃貸住宅のメリット

ここからは高齢者向け優良賃貸住宅をより深く理解するために、利用する際のメリットを解説していきます。

施設内での制約が少ない

高齢者向け優良賃貸住宅は、普通の賃貸住宅と同じように部屋内は自宅として活用できます。そのため、介護施設のように自室でやってはいけない制約がほとんどありません。例えば、近隣に迷惑な行動は禁止されていますが、このようなことは普通のマンションでも同じです。あくまでも一般的なマンションと同じ利用範囲であれば問題ありません。

高齢者でも契約がしやすい

高齢者向けであることから、高齢者でも賃貸契約がしやすいことも高齢者向け優良賃貸住宅のメリットいえます。特に、住み慣れた一軒家からマンションへ引っ越す場合などには、重要な選択肢の1つにもなります。ただ、一般的な賃貸物件と同じように連帯保証人などを用意する必要があるため、高齢者だけで契約ができないことには注意しましょう。

もしものときの安全性が高い

すべての室内には緊急通報ボタンやナースコールなどが備え付けられているため、安全性が高いこともメリットになります。さらに、住宅によってはホームセキュリティサービスを取り入れ、防犯面での安全性も高い住宅があります。つまり、室内外を問わず専門サービスによる安全性の高さが、高齢者向け優良賃貸住宅を選ぶ利点になっているのです。

高齢者向け優良賃貸住宅の注意点

続いて、高齢者向け優良賃貸住宅を利用する際に注意点を解説していきます。目的に合わせた住宅を選ぶためにも、細かいところまでチェックしてくださいね。

介護度が高くなると居られない可能性がある

高齢者向け優良賃貸住宅は、マンションなどの一室を提供することが主なサービスとなります。そのため、基本的にはある程度自立している人だけが入居できます。重篤な介護サービスが必要となる人は、入居できないところが大半です。さらに、入居後に介護度が上がった場合には、退去になる可能性があるため終の棲家にはならない可能性にも注意しておきましょう。

費用が高額になりやすい

高齢者向け優良賃貸住宅に入居する際には、敷金や入居一時金などの初期費用と月額費用が必要です。さらに、介護サービスを利用する場合には、介護費用も必要となります。そのため、利用費用が高くなりやすい注意点があります。家賃などは補助制度があるのですが、日々の生活費が必要になることを考えると、ある程度の経済的な余裕が必要です。

24時間の介護ではない

高齢者向け優良賃貸住宅は、介護施設ではありません。住宅内に介護士や看護師が24時間配置されているわけではないのです。そのため、緊急時に外部と連絡が取れても、早急に対処できないことがあります。入居前には、緊急時の対応がどのようになるのかきちんと確かめておき、希望に沿った安全性を確保できるようにしましょう。

高齢者向け優良賃貸住宅の特徴をよく知っておこう!

高齢者向け優良賃貸住宅は日常生活の負担を軽減するために作られており、世帯の収入に応じて家賃などの補助が受けられます。さらに、1部屋に1人という制限がないことから、夫婦で同じ部屋に住み生活することも可能です。重い介護は必要ないけれど、安全な生活を実現したい人は、必ず高齢者向け優良賃貸住宅の特徴もしっかり調べておき、終の棲家の選択肢に加えておきましょう。

老人ホームの種類

記事一覧に戻る
どんなささいなことでも構いません。まずはご相談ください!

未公開情報もあります。まずはご相談ください!