病院と自宅との架け橋。介護老人保健施設(老健)とは

病院と自宅との架け橋。介護老人保健施設(老健)とは

病院と自宅との架け橋。介護老人保健施設(老健)とは
「老健」という介護施設の通称、聞いたことがありませんか? 老人健康保健施設、略して老健は、今後介護を要する高齢者にとって、無くてはならない介護施設です。 老健とは、いったいどんな所なのでしょうか?

この記事の目次

介護老人保健施設(老健)とは?

介護老人保健施設へ入居するまでの道のり

介護老人保健施設での1日

退所するのはいつ頃?

リハビリメインの介護老人保健施設

介護老人保健施設(老健)とは?

1度は聞いたことがある、介護老人保健施設という名前。
巷ではよく「老健」などと訳されて呼ばれており非常に身近な施設ですが、一体どんな所なのでしょう?
ここでは介護老人保健施設への入所、入所後の生活、退所までについて、わかりやすくご紹介します。

介護老人保健施設はどんな所?

まずは多くの介護施設がある中で、介護老人保健施設がどのような位置付けにあるのでしょうか?
介護老人保健施設は、リハビリメインで、生活復帰を第1に掲げている介護施設です。
介護保険法に基づく介護保険施設の一種で、病状が安定している要介護の高齢者に対し、その人その人の能力に応じた自宅復帰を目指し、支援を行います。
介護士による日常生活の援助だけでなく、医療・看護・リハビリテーションすべての視点から、ご本人様のご意向を考慮したサービスを提供します。

自立への支援ってどんなこと?

入院にて低下した筋力や、歩いたり立ち上がったりする動作。それらを回復させるべく、介護老人保健施設では専門家が1人1人に合ったリハビリの計画書を作成。
それをもとに日常生活のお世話をしている介護士も、ご本人様の自立した生活に向けて、介助・介護方法を工夫します。
施設で働いている方全員が、単なるお世話ではなく、入所者の方々のリハビリを意識してケアを行っています。

 

リハビリの専門家が集う介護老人保健施設

実際にリハビリの専門家として介護老人保健施設で活躍しているのは、日常の基本動作の回復のリハビリを行う理学療法士。
作業や訓練を通して高齢者の心身の回復を図る作業療法士。
聴こえや発語、飲み込みに関する観察と訓練を行う言語視聴覚士です。
ほかにも介護福祉士、看護師も常駐しています。

介護老人保健施設へ入居するまでの道のり

介護老人保健施設へ入居するにはどうしたらいいのでしょうか?
まず気を付けておきたいのが入居基準です。
介護老人保健施設は要介護者の方しか入居することができません。
要介護1~5と認定された65歳以上の方のみ入居の対象となります。
では要介護認定が降りていたら、入居前にどんな準備をするべきなのでしょうか?

どうやって入居するの?

入居は、多くの方が退院と同時に行われます。
退院が決まったということは、医師から病状が安定している。服薬と通院のみで様子を見て大丈夫と太鼓判を押されたという事ですね。
介護老人保健施設への入所の進言は、入院中に医師やケアマネージャーから話を持ち出されることが殆どです。
入院中に病状は回復すると見込まれる。
でも自宅に戻って1人で元の生活に戻るのは危険。
そう判断され、在宅復帰のために介護老人保健施設の利用が適切であると判断されたとき。入所をすすめられます。

入所に必要な費用をチェック!

介護老人保健施設に入所する際には、初期費用というものが基本必要ありません。
持ち物も、入院していた時に持ち込んでいた物品に、リハビリの内容に応じて運動できる靴や洋服を用意するだけでOKという所が殆どです。
初期費用は0円ですが、月額費用は6万円~20万円となっています。
この差額には介護老人保健施設に設けられている減免措置か関係しており、収入に応じて月額費用は4段階に分けられています。

介護老人保健施設での1日

実際に入所した場合の、具体的な1日の流れについてご紹介します。

介護老人保健施設の生活風景

朝8:00~朝食は以前が始まります。
多くの施設がダイニング兼リビングのようなフロアを利用し、そこに利用者の方々の誘導を行います。
朝食以後9:00~は、随時入浴とリハビリの施行です。
入浴は1人1人決まった曜日に入りますが、毎日入浴できる施設は少なく、おおよそ週2回。
リハビリは作業療法士・理学療法士・介護士が協力して行います。
12:00~昼食。18:00~夕食で、その間にも入浴やリハビリ、それらがなくてもフロアで集団レクリエーションを行います。
21:00消灯。24時間体制にて介護士が常駐しているほか、様子観察、要経過観察の入所者に関しては、随時日中看護師が巡回にて様子を伺います。

環境は施設によって違う?

新しい施設だったら、新しいリハビリ器具が入っていて、古い所より充実しているかといいうと、リハビリや日常生活に観点を置くと、そんなに大きな落差はありません。
医療との連携もある介護老人保健施設は、入所者の生活復帰のために常に適切で無駄のない計画でケアを行いますし、もしもの時の看護体制も整っています。
もしも薦められた介護老人保健施設以外のところも気になるという場合は、入院中に申し出ることをおすすめします。

退所するのはいつ頃?

じつは介護老人保健施設は、一部の施設を除いては、入所できる期間が3か月と決められています。
この入所期間は介護老人保健施設利用に際する最大のデメリットといえますが、その退所の具体的な流れとはいったいどのようなものなのでしょうか?

退所はだれが決めるの?

退所できると判断するのは、医師と、理学療法士・作業療法士・介護士・看護師といったお世話に当たったチーム全員の評価に基づき決定します。
退所できる環境が自宅に整っているのか、手すりや段差の問題は残っていないかなどの評価は、ケアマネージャーが家族や入所者ご本人様の許可を得て行い、安心して自宅に帰ることができるようサポートし、必要に応じて訪問介護や通所介護の手配も行います。

退所が延長されるケース

基本的には3か月以上いる事ができない介護老人保健施設。非常に稀ですが退所が延長されるケースがあります。
それは、自宅の住宅改修が終わっていない。入所中に認知症の進行が顕著であり、適切な次の入所先を検討中である。などが理由で施設から身動きが取れない場合です。
そういった場合でも入所期限を守るべく、他の介護サービスを利用できるよう、ケアマネージャーが手配します。

リハビリメインの介護老人保健施設

入院中に弱った体を、自宅で生活できるようになるまで健康に導くべく支援する介護老人保健施設。
入所期限が決められていることから、入所当時から不安を持つ方も多くいらっしゃいますが、期限があるからこそリハビリ中心の介護に特化しているともいえます。
元気になって、はやく自宅に戻りたい!
介護老人保健施設は、そんな高齢者の方々のお気持ちを支える施設です。

老人ホームの種類

記事一覧に戻る
どんなささいなことでも構いません。まずはご相談ください!

未公開情報もあります。まずはご相談ください!