介護保険で受けられるサービスとは

介護保険で受けられるサービスとは

介護保険で受けられるサービスとは
介護保険は、要介護状態の高齢者を社会全体で支えていくことを目指した制度です。40歳以上の国民全員が納める介護保険料と国や自治体の税金を財源としており、介護が必要な人は、少ない自己負担で介護サービスを受けることができます。ここでは、介護保険制度が適用されるサービスにはどのようなものがあるのか、詳しく解説していきます。

この記事の目次

介護サービスを受ける方法

介護保険で利用できるサービス

要支援の人が利用できるサービス

介護保険で利用できないサービス

まとめ

介護サービスを受ける方法

まずは、どうすれば介護保険のサービスを受けることができるのか、説明していきます。

介護が必要であると認定を受ける

介護保険は、介護が必要な人を支えるための制度です。そのため、サービスを受けるには、自身が「要介護」、もしくは「要支援」状態であることを認定される必要があります。

要介護と認定されるのは、

・介護が必要な65歳以上の人(第1号被保険者)

・「特定疾病」が原因で介護が必要な40~64歳の人(第2号被保険者

です。

市区町村の窓口に申請して、審査を経て、「要介護認定」を受けると介護保険のサービスを受けられるようになります。

要介護認定に合致してサービスを利用する

市区町村に申請すると、その人の状態に合わせて、「要介護1~5」や「要支援1~2」、「非該当」といった認定がなされます。

こうしてなされた認定によって、利用できるサービスは異なります。

要介護と認定された人が介護サービスを利用する場合の給付を「介護給付」といいます。

また、要支援と認定された人が、介護予防を目的にサービスを利用する場合は、「予防給付」といいます。

介護保険で利用できるサービス

ここからは、要介護者が利用する際に、介護保険が適用されるサービスの具体的な例をみていきましょう。

要介護と認定された人を対象に行う介護給付のサービスは、主に次の3種類に分類されます。

①居宅介護サービス

②施設サービス

③地域密着型介護サービス

 

では、この3種類のサービスにはどのようなものがあるのか紹介します。

①居宅介護サービス

介護を必要としている人が、自分の家で暮らしながら、多様な介護サービスを受けるものが、この居宅介護サービスに分類されます。

居宅介護サービスは、サービスの性質によってさらにいくつかの種類に区分されています。

 

【訪問サービス】

介護サービスを受ける人の自宅に、訪問して行うタイプの介護サービスです。

具体的には、以下のような形態があります。

・訪問介護(ホームヘルプサービス)

自宅で暮らす利用者のもとに、ホームヘルパーが訪問して提供するサービスです。要介護者の食事や排泄、家事などの生活面での支援を行います。

・訪問入浴介護

自宅で暮らす利用者が、自宅に備え付けられている入浴施設での入浴が難しい場合に利用するサービスです。自宅を訪問して、入浴のサポートを行います。

・訪問看護

日常的な支援だけでなく、医療面のサポートが必要な利用者の自宅に訪問して、行うサービスです。看護師が訪問し、医療面での支援を行います。

・訪問リハビリテーション

自宅で暮らす利用者が、そのまま自宅でリハビリテーションを行えるサービスです。

・居宅療養管理指導

自宅で暮らす利用者のもとを、医師や看護師が訪問し、療養管理指導を行うサービスです。

 

【通所サービス】

自宅で暮らす利用者が、施設に通って利用するタイプの介護サービスです。

通所サービスに分類されるのは、次の2つのサービスです。

・通所介護(デイサービス)

利用者が、デイサービスセンターに通って、様々な支援を受けるサービスです。デイサービスでは、施設側の送迎車で利用者を送り迎えします。また、デイサービスセンターでは、食事や排泄といった日常生活の支援を行うとともに、レクリエーションも行い、自宅で暮らす利用者の気分転換にも繋がります。

・通所リハビリテーション(デイケア)

通所介護(デイケア)と同様に、送迎車で施設に通い、リハビリテーションを行うサービスです。訪問リハビリテーションに比べて、病院などの施設を利用し、専門家の指導も受けられるため、より効果的なリハビリが可能です。

 

【短期入所サービス】

基本的に自宅で暮らしている要介護者が、短期間施設で預かって支援するタイプの介護サービスです。自宅で介護をしている家族の負担が、短期入所によって軽減されます。

短期入所サービスに分類されるのは、次の2つのサービスです。

・短期入所生活介護(ショートステイ)

利用者が短期間(数日から数週間)、施設に入所し、日常生活のサポートを受けるサービスです。リハビリテーションを伴う場合もあります。

・短期入所療養介護

基本的には、短期入所生活介護(ショートステイ)と同様のサービスですが、医療的なケアも付随して受けることができます。

 

【その他のサービス】

訪問・通所・短期入所サービス以外のサービスです。

・特定施設入居者生活介護

・福祉用具貸与

車椅子、介護ベッドなどの福祉用具をレンタルすることができるサービスです。

・特定福祉用具販売

レンタルに向かない福祉用具を購入することができるサービスです。

 

②施設サービス

介護を必要としている人が、施設に入居するという形で利用するサービスです。

介護保険制度においては、「介護老人保健施設」、「特別養護老人ホーム」、「介護療養型医療施設」の3種類が、施設サービスとして定められています。

・介護老人保健施設

自宅での介護への復帰を目的として、主に短期で施設に入居するサービスです。利用者は、入院治療を必要としない人が対象です。治療よりも、リハビリが中心となります。

・特別養護老人ホーム

常に介護が必要で、在宅での介護が難しい人が利用するサービスです。食事や排泄、入浴などの日常生活の支援を包括的に行います。

・介護療養型医療施設

医療処置が充実した施設です。他の施設サービスに比べて、医師や看護師による支援が手厚いのが特色です。

 

③地域密着型介護サービス

市区町村が指定して事業者によって、その地域の住民に提供する様々なサービスです。

地域の特徴に対応した柔軟なサービスが期待されます。

具体的には以下のようなものがあります。

・定期巡回・随時対応型訪問介護看護

1日に複数回的訪問し、介護と看護を提供するサービスです。

・夜間対応型訪問介護

夜間の定期的な訪問を行うサービスです。

・地域密着型通所介護

施設での見守りや生活の支援を提供するサービスです。

・認知症対応型通所介護

認知症の患者を対象として、施設で生活の支援やリハビリを提供するサービスです。

・小規模多機能型居宅介護

1拠点で包括的に支援を提供するサービスです。

・認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

グループホームでの見守りやリハビリを提供するサービスです。

・地域密着型特定施設入居者生活介護

・地域密着型介護老人保健施設入所者生活介護

・複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)

要支援の人が利用できるサービス

要介護認定で、「要介護」よりも軽度の「要支援」と認定された人も介護保険のサービスを利用することができます。「要支援」者に対しては、「要介護」へ進展しないことを目的とした、「予防給付」が提供されます。

要支援の人向けの、予防サービスには次のようなものがあります。

 

①介護予防サービス

介護予防を目的としたサービスです。

サービス提供の仕組みによって、

・訪問サービス

・通所サービス

・短期入所サービス

などに分類されます。

 

②地域密着型介護予防サービス

・介護予防認知症対応型通所介護

・介護予防小規模多機能型居宅介護

・介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

などがあります。

 

③介護予防支援

介護保険で利用できないサービス

一見すると、介護保険が適用され﨟でも、実は利用できないサービスも存在します。ここでは、そのようなサービスを紹介していきます。

①日常生活の範囲を超えているサービス

介護保険は、日常生活の支援を目的とするため、その枠外を超えるサービスについては保険の対象外として扱われます。

②家族のためのサービス

要介護者本人のためではなく、その介護を行う家族のために提供されるサービスは対象外です。例えば、同居する家族の食事の準備などが、これにあたります。

③養護老人ホーム

「養護」のための施設であるため、養護老人ホームは、介護保険の適用範囲から外れてしまいます。

④総合事業

総合事業とは、要支援の認定を受けている人を対象に行う地域事業で、正式名称を「介護予防・日常生活支援総合事業」といいます。これは、介護保険が適用されないサービスです。

まとめ

介護保険制度では、要介護認定において、「要介護」、または、「要支援」と認定された人に対して、様々なサービスを提供しています。要介護の人に対して、日常生活の支援を目的に、「居宅介護サービス」、「施設サービス」、「地域密着型介護サービス」などが提供されます。また、要支援の人に対しては、身体機能の低下を阻止するたまの介護予防サービスなどが提供されます。自分がどんなサービスを理解して、適切な介護を受けたいですね。

介護保険制度とは

記事一覧に戻る
どんなささいなことでも構いません。まずはご相談ください!

未公開情報もあります。まずはご相談ください!