高齢者専用賃貸住宅とはどんな住宅?特徴やメリットを詳しく解説

高齢者専用賃貸住宅とはどんな住宅?特徴やメリットを詳しく解説

高齢者専用賃貸住宅とはどんな住宅?特徴やメリットを詳しく解説
高齢者専用賃貸住宅は、住宅内がバリアフリーに対応しているなど、高齢者の生活を支援するために作られた住宅です。しかし、名前に聞き馴染みがない人も多く、その特徴やメリットもあまり知られていません。そのため、今回は高齢者専用賃貸住宅の特徴やメリット、デメリットなどを詳しく解説していきます。

この記事の目次

高齢者専用賃貸住宅とは

高齢者専用賃貸住宅の仕組み

高齢者専用賃貸住宅のメリット

高齢者専用賃貸住宅のデメリット

高齢者専用賃貸住宅の特徴を理解して活用しよう!

高齢者専用賃貸住宅とは

まずは、高齢者専用賃貸住宅がどのような住宅なのか、その特徴から確かめていきましょう。

高齢者に限定した賃貸住宅

高齢者専用賃貸住宅とは、その名の通り高齢者だけを対象にした賃貸住宅です。民間企業などが経営母体となっており、都道府県などによって認可される必要があります。そのため、一般の賃貸住宅よりも高齢者が住みやすいように設計されており、一人でも安心して生活できる環境となっています。

介護サービスを受けることも可能!

高齢者専用賃貸住宅の特徴として、食事や洗濯のサポートなどの介護サービスが受けられます。これは、高齢者専用賃貸住宅が高齢者の生活を快適にさせる目的で設置されていることが目的となっているからです。ただし、介護サービスは別料金になっており、サービスの利用に応じた費用が必要となります。

現在はサービス付高齢者向け住宅になっている

高齢者専用賃貸住宅は高齢者の安全な生活のために運営されていますが、さまざまな高齢者向けの賃貸住宅が乱立している状況でもあります。そこで、サービス付き高齢者向け住宅が制度化された際に、高齢者専用賃貸住宅もサービス付き高齢者向け住宅へ一本化されることになったのです。そのため、現在は新しく高齢者専用賃貸住宅は建設されていないことに注意しましょう。

高齢者専用賃貸住宅の仕組み

高齢者専用賃貸住宅は通常の賃貸住宅と何が異なっているのでしょうか?一緒にチェックしていきましょう。

基本は一般の賃貸住宅と変わらない

高齢者専用賃貸住宅は、高齢者のための賃貸住宅であり基本的なサービス内容は変わりません。部屋を借りるために家賃を払い、部屋内では自由に生活ができるのです。バリアフリー化はされていますが、特別な設備やサービスはそこまで多くありません。

介護サービスは訪問介護の扱い

高齢者専用賃貸住宅では受けられる介護サービスは、原則訪問介護として扱われています。これは、高齢者専用賃貸住宅は部屋を貸すことが、主なサービスとなっているからです。老人ホームなどとは違い、あくまでも賃貸物件の範囲を超えない範囲でのサービスしか提供できないのです。

食事やレクは他の入居者と一緒

通常の賃貸物件とは異なる特徴として、高齢者専用賃貸住宅には食堂などの共同スペースが設けられていることが挙げられます。食事やレクリエーションなどのときには、他の入居者と過ごすことができます。そのため、賃貸住宅でも完全に一人になることは避けられ、独居でも寂しくありませんよ。

高齢者専用賃貸住宅のメリット

賃貸住宅であることから、どのような点が優れているのか分かりづらいのが高齢者専用賃貸住宅です。そこで、高齢者専用賃貸住宅を選ぶメリットを解説していきます。

バリアフリー基準に適応している

高齢者専用賃貸住宅は、自治体に認可をもらわなければならず、認可基準の中にはバリアフリー設計であることが求められています。そのため、高齢者専用賃貸住宅として認可を受けている住宅は、室内に段差がなかったり引き戸になっていたりと、一般の賃貸住宅よりも住みやすいように設計されているのです。

完全な個室になっている

高齢者専用賃貸住宅は、一般の賃貸住宅と同じようにマンションの一室を借りることになります。つまり、老人ホームなどとは違い、完全な個室になることがメリットです。さらに、部屋内にトイレやお風呂が設置されていますので、自由な生活ができるのも魅力といえるでしょう。

面会などがしやすい

老人ホームなどで気を使ってしまう意外なポイントが面会時です。声の大きさなどを隣の居室などに配慮しなければならず、家族での時間を気楽に過ごせないのです。高齢者専用賃貸住宅は通常のマンションと同じじような防音効果があります。会話を聞かれることもありませんので、気兼ねなく家族団らんの時間を過ごせますよ。

高齢者専用賃貸住宅のデメリット

最後に、高齢者専用賃貸住宅を利用する際のデメリットを解説します。利用してから後悔しないためにも、デメリットまでしっかりと確かめておきましょう。

費用が高額になりやすい

高齢者専用賃貸住宅に入居する場合には、保証金や入居一時金などの初期費用と月々の家賃が必要となるケースが多いです。さらに、介護サービスの中でも訪問介護は時間で費用が決められているため料金が高いです。そのため、総額の費用が高額になりやすく、経済的な負担が大きいことがデメリットになります。

住宅によって受け入れる介護度が変わる

高齢者専用賃貸住宅は介護サービスが受けられますが、介護士が常にいるわけではありません。基本的には自立者や軽度の介護が必要な人を対象にしており、住宅によって受け入れ可能な介護が異なっています。つまり、重度の介護が必要な場合は入居ができず、入居後に介護度が重くなった場合には転居を促される場合があるのです。

看護師の常駐が義務ではない

高齢者専用賃貸住宅は介護施設ではありません。介護士だけでなく看護師の常駐が義務ではないため、怪我や緊急時の対応が迅速にできない場合があるのです。職員への緊急通報はできますが、職員などが専門的な治療を行えないため、もしものときの不安を解決できないことが大きなデメリットです。

高齢者専用賃貸住宅の特徴を理解して活用しよう!

高齢者専用賃貸住宅は、日常の中で危険なポイントをサポートしてくれる優れた住宅です。しかし、介護度によって入居できないなど、デメリットがあるのも事実です。特に、年齢とともに身体の状態は変化しますので、入居時では気にならなかった点もデメリットになる可能性があります。そのため、高齢者専用賃貸住宅の特徴をよく理解して、損しないように上手に活用しましょう。

老人ホームの種類

記事一覧に戻る
どんなささいなことでも構いません。まずはご相談ください!

未公開情報もあります。まずはご相談ください!