高齢の家族の退院後に施設入居を勧めるか在宅復帰を促すかの選択

高齢の家族の退院後に施設入居を勧めるか在宅復帰を促すかの選択

高齢の家族の退院後に施設入居を勧めるか在宅復帰を促すかの選択
高齢者の介護は同居している家族にとっては重要な問題です。素人による介護には限界があり、安全面の問題もあることから専門の施設に入居させるのが無難と言えますが、その一方で見知らぬ人と同居する形になる施設への入居は高齢者にとって大きなストレスになることも否定出来ません。退院した高齢者への対処方法を学び、介護の在り方について正しい認識を持つことを心がけましょう。

この記事の目次

入院していた高齢者の介護に関する問題点

施設入居の種類と家族に求められる心得

高齢者の介護に真摯に向き合う必要性について

楽楽シニアへ気軽に相談してみよう

介護への取り組みは家族全員の課題

入院していた高齢者の介護に関する問題点

体調不良などの理由で入院していた高齢者は体力が低下している他、精神的にも不安を感じていることが多いので出来るだけ家族が一緒にいることが望ましいとされています。その一方で素人作業による介護は思わぬ事故を招くおそれもあります。また、介護に関する作業が必要になる状況は時間を問わないので、場合によっては深夜に起こされたり短時間のうちに立て続けに働かされたりすることも少なくありません。家族はもちろんのこと、介護される側の高齢者も心身の疲弊に見舞われる可能性があります。そのため、安易に在宅復帰を選択するのは後の生活に大きな負担をもたらすので避けるのが無難です。特に造りが古い住宅は廊下や出入り口が狭く、高齢者の体を支えながら移動するのが困難である点も在宅復帰を避ける理由の一つです。

介護施設への入居は専門技術を持つ職員による適切なケアを受けられるのが大きなメリットです。在宅復帰の問題である、素人作業から派生する事故などのトラブルが無いのが施設入居の魅力です。また、高齢者と別居する形になるので、十分な休息を得られるのも施設入居の特徴になります。在宅介護は四六時中、要介護の高齢者に気を配る必要があるので家族の心身の疲弊は計り知れません。介護疲れによる体調不良のおそれもあることから、施設入居を選ぶことで家族全員の心身を健やかに保つことが可能になります。その反面、介護施設の利用は高額な費用がかかることから金銭面の負担が大きくなる欠点もあります。介護施設の多くは順番待ちになっているのが現状なので、必要な時にすぐ入居出来るとは限らないのも注意点の一つです。

施設入居の種類と家族に求められる心得

高齢者の施設入居は住所を移して転居させるのが普通ですが、デイサービスのように日帰りで利用するケースもあります。住所を介護施設に移して転居させる施設入居は完全に別居する形になるのが特徴です。法律上は二つの世帯に分かれることになるので、税金の支払いや介護関係の補助の申請に関する手続きが必要になります。一方、日帰り施設であるデイサービスの利用は住所を自宅に置いたままで介護施設を利用することから、施設入居のような特別な手続きは必要ありません。また、費用も施設入居と比べると安価で済むので金銭面の負担を低く抑えることが出来る利点もあります。

その反面、デイサービスは基本的に日中のみの利用なので、夜間は自宅で家族が介護を行うことになります。就寝時間が介護によって潰れるリスクがあるので、家族の疲労が溜まってしまう点は退院後の在宅復帰と変わりません。特に高齢者が認知症を患っている場合は常に行動を注意する必要があることから、在宅時は気の休まる暇が殆ど無いのが問題です。デイサービスの利用は面倒な手続きが無く、出費も少ないメリットがありますが、家族の心身の疲労は在宅介護とほぼ同様に生じるのが注意すべき点です。

高齢者の介護に真摯に向き合う必要性について

高齢者の介護に真摯に向き合う必要性について

家族はひとつ屋根の下で一緒に暮らすのが良い風潮がありますが、介護が必要な高齢者が同居している世帯では必ずしも当てはまりません。毎日の暮らしの中で食事や入浴、排せつなど様々な事柄について介護を行う必要があるため、家族は常に忙しい思いをすることになります。また、介護される高齢者も家族の手を煩わせることへの罪悪感から精神的に疲弊してしまうケースがあります。在宅復帰は家族が一緒に暮らすことが出来る理想の生活ではありますが、高齢者の体調や介護の必要性によっては最善の選択にはならないので注意が必要です。特に自宅がバリアフリー構造になっていないと介護の作業も非常に手間がかかることから、退院後の暮らしは理想論だけで即決しないように心がけます。

施設入居は専門の知識や技術に基づいた適切な介護を受けられる他、家族の心身の負担を大きく軽減出来るのがメリットです。しかし、施設に入居する高齢者は自宅を離れて家族と別居する形になるので、人によっては寂しさに打ちひしがれることもあります。高齢者の心身の健康は施設での介護の他に家族の精神的な支えも重要なポイントになります。そのため、こまめに施設を訪問して寂しさを感じさせないように気を配るのが施設入居を選んだ家族に求められる姿勢です。

楽楽シニアへ気軽に相談してみよう

家族の負担や入居者本人の希望もありますが、これからの人生をどうするか考えるために、老人ホームへの入居も視野に入れましょう。ただ、実際に入居する方に合った老人ホームがどのようなものかを知るためには、楽楽シニアに相談するのがオススメです。介護に関して深い知識のある専門家が相談に無料で相談に乗ってくれるので、安心して話が聞けます。
家族も本人も公開のない選択ができるよう、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせはこちら

介護への取り組みは家族全員の課題

介護は高齢者だけではなく、家族全員が取り組む課題です。誰でも介護をする側になり、される側にもなることから常に最良の選択が出来るように心がけることが重要になります。退院後の高齢者の扱いについても世間の風潮や古い価値観に迎合せず、家族全員が心身の疲弊に悩まない方法を選択するのが健やかに暮らすことに繋がります。

介護事例集

記事一覧に戻る
どんなささいなことでも構いません。まずはご相談ください!

未公開情報もあります。まずはご相談ください!