要介護1・2の在宅介護と施設入居の費用比較

要介護1・2の在宅介護と施設入居の費用比較

要介護1・2の在宅介護と施設入居の費用比較
高齢化社会において、介護の話題は身近なものになりました。介護業界は人手不足で、入居待ちの状態も珍しくありません。また、費用もかかるため在宅介護という選択肢を取る方も多く居ます。ここでは、要介護1・2の場合で、在宅介護と施設入居にかかる目安費用を比較してご紹介します。介護について考えている方は参考にしてみてください。

この記事の目次

介護にかかる費用はシミュレーションが大切

要介護1・2で在宅介護した場合にかかる費用

もっとも重要なのは家族への負担

不安があれば楽楽シニアに聞いてみよう

金額の負担と家族への負担などを総合的に考える

介護にかかる費用はシミュレーションが大切

介護にかかる費用は決して安くありません。介護において最も不安なのが「お金」という方も多く居ます。介護にかかる費用はどのくらいなのか、目安をつけるのが難しい内容です。利用する施設やサービス、介護者の状態によってかかる費用は大きく左右されます。また、介護が必要になる期間によっても費用は異なってきます。事前に多めの金額を用意しておけば安心ですが、全ての家庭がそのような準備ができるわけではありません。場合によっては介護で家計が圧迫されてしまうケースもあるのです。

 

介護は終わりが見えないものです。先行きが不透明であること、かかる費用は安くないことから、介護する側にとっては大きな負担となり、不安を生み出します。シミュレーションをしておくことで負担を少しでも軽減し、不安感の解消に繋がります。またシミュレーションは起こり得るリスクに気付き、それを避ける予防法にもなります。このようなリスク回避は、介護する側だけでなく、介護者にとっても必要不可欠なものです。双方にとって十分に満足のいく介護が受けられるよう、事前のシミュレーションはきちんと行っておきましょう。

要介護1・2で在宅介護した場合にかかる費用

まずは在宅介護にかかる料金の目安を確認しましょう。在宅介護の場合、どのサービスをどのくらいの頻度で利用するかによって大きく異なってきます。なるべく費用を抑えたいという方は、在宅介護で外部サービスを上手く活用するという方法があります。ただし、在宅介護は食費や水道代などの生活費がかかってくるので、月々の生活費の出費も見直してみましょう。一例ですが、年金を25万円貰っている方の場合、在宅介護で外部サービスを上手く利用すれば月々プラス2万円から3万円の収支となります。外部サービスは週1回の利用で、自宅の手すりはレンタル、杖などの歩行補助具は購入とした場合、一ヶ月約6,000円で済みます。要介護1・2は介護サービス料が自己負担1割になるので、この部分で費用を抑えることができるのです。

 

要介護1と2の違いは医療費です。要介護1の場合、医療費の目安は月8,000円、要介護2の場合月4,000円となります。持病や通院頻度により大きく異なってきますが、要介護2の認定を受けた方の方がかかる医療費は安く済みます。また、介護サービス費も、少しの金額ですが要介護2の方が安くなります。介護認定で数字が大きくなればなるほど必要な介護も増えてきますが、費用の軽減という面では負担が少なくなります。

もっとも重要なのは家族への負担

家計への負担、費用面の考慮も大切ですが、最も重要なのは家族への負担です。在宅介護を選択した場合、費用はかなり抑えることが可能です。年金額によってはプラスの収支になる可能性もあります。しかし、その分介護をする側に負担がかかります。トイレやお風呂など、日常生活が一人でできる介護者であれば負担は少ないですが、介護認定を受ける方の多くはこれらの日常生活が困難と判断された方です。食事、トイレ、風呂、通院補助など、ほぼ一日中介護者の面倒を見なければなりません。このときにかかる負担はかなり大きく、中には介護をして心身に影響が出てしまう方も居ます。介護者の自由な時間も少なくなり、私生活で大きな影響を及ぼしてしまうのです。

 

一方、施設入居の場合、介護者の負担はかなり軽減されます。介護の負担は施設のスタッフにほぼ全てお任せが可能で、施設によっては専属医師が居るので通院の負担も無くなります。その分料金はかかってしまいますが、無理な在宅介護は介護をする側、される側にとって悪影響になりかねません。費用も大切ですが、まずは家族への負担も考えてみましょう。現実的に見て介護ができる状態かどうか、しっかり見極めることが大切です。

不安があれば楽楽シニアに聞いてみよう

要介護1・2にかかる費用をご紹介しました。在宅も施設入所もお金がかかることには変わりません。オススメする方向性は、要介護者と周りのご家族の考えを共有することです。在宅介護といっても家族への負担はかかりますが、施設入所も費用の面で負担になります。

そのためにも楽楽シニアに相談されてみてはいかがでしょう。

お問い合わせはこちら

金額の負担と家族への負担などを総合的に考える

介護のやり方は一つではありません。介護者の状態、家庭環境、用意できる費用などを総合的に判断し、介護をする側、される側の両方が納得できる形の介護を行いましょう。介護は先が見えないもので、不安を感じる方も少なくありません。どのくらいの費用が必要でどんな介護が必要か、事前にシミュレーションを立てておきましょう。

介護事例集

記事一覧に戻る
どんなささいなことでも構いません。まずはご相談ください!

未公開情報もあります。まずはご相談ください!