介護保険が使えるのは何歳から?

介護保険が使えるのは何歳から?

介護保険が使えるのは何歳から?
40歳を過ぎると、私たち日本人には、介護保険料をする義務が生じます。 こうして支払われて保険料と税金を財源に、介護が必要な方を支えていくための制度が介護保険です。しかし、そもそも介護保険制度というものがよくわからない状態で納付しており、どうすれば介護保険を利用できるのか把握していない、という方も多いかもしれません。 ここでは、何歳から介護保険を利用できるのか、そして、利用するためにどのような手順を踏まなければならないのかという点について、詳しく解説していきます。

この記事の目次

介護保険制度とは

介護保険は何歳から利用できるのか

要介護認定とは

まとめ

介護保険制度とは

介護保険制度とは、介護が必要になった高齢者を社会全体で支えることを目的とした仕組みです。介護を必要とする高齢者が、介護サービスなどを利用する時に、自己負担額を1~3割程度に抑えることができます。

 

具体的には、

・訪問看護や訪問介護などの、在宅の要介護者への支援

・自宅での介護は困難な場合の介護施設への入居

・レクリエーションやリハビリテーションを提供するデイサービス

・身体機能の低下に合わせた自宅の改修(バリアフリー化)

など、介護に関わる様々なサービスが介護保険の対象になります。

介護保険制度は介護が必要になったときに、要介護者とその家族をサポートする大切な仕組みです。

介護保険は何歳から利用できるのか

介護保険を使えるのは基本的に、65歳以上(第1号被保険者)になります。

65歳を過ぎた高齢者が身体機能の低下などで、日常生活を送ることが困難になった場合、介護保険のサービスを利用できます。実際に利用するには、住んでいる市区町村に申請し、要介護認定を受ける必要があります。そこで、どのような介護が必要なのかが審査され、審査結果に基づいて、その人に必要なサービスを利用することができるようになります。

 

なお、40~64歳(第2号被保険者)の方は、基本的には介護保険を支える側にあたります。40歳を過ぎてからは、介護保険料を納付していますが、基本的には介護保険のサービスを利用するのは65歳を過ぎてからです。

40歳~64歳の方の例外

65歳未満の第2号被保険者は、基本的には介護保険のサービスを利用することはできません。しかし、何事にも例外はあります。

65歳以上の第1号被保険者に比べて、介護保険を利用には厳しい条件がありますが、一部の場合に限って、介護サービスを利用可能になります。

 

介護保険制度で、64歳未満の被保険者がサービスを利用できるのは、「特定疾病」が原因の場合に限定されています。

指定された16種類の特定疾病によって、日常生活を送ることが難しくなり、要介護認定を受けた人のみ介護保険を利用することがすることができます。

介護保険制度で指定されている「特定疾病」は次の16種類の病気です。

①末期 ガン

② 関節リウマチ

③ 筋萎縮性側索硬化症(ALS)

④ 後縦靱帯骨化症

⑤ 骨折を伴う骨粗鬆症

⑥ 初老期における認知症

⑦ 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病

⑧ 脊髄小脳変性症

⑨ 脊柱管狭窄症

⑩ 早老症

⑪ 多系統萎縮症

⑫ 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症

⑬ 脳血管疾患

⑭ 閉塞性動脈硬化症

⑮ 慢性閉塞性肺疾患

⑯ 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

65歳を超えたらいつでも介護保険って利用できるのか

介護保険制度では、基本的には65歳を過ぎると、サービスを利用することができるようになります。しかし、65歳以上の方全員が、利用できるわけではありません。

ここでは、どのような人が介護保険を利用することができるか説明していきます。

 

まず、介護保険料を納税している方々は65歳になると、「介護保険証」が自宅に郵送されてきます。

 

しかし、この介護保険証を所持しているだけでは、介護保険を利用することができません。

 

介護保険は、介護を必要としている人のための制度です。そのため、介護サービスを利用するには、「要介護認定」によって、介護が必要であること認定してもらわなければなりません。

要介護認定とは

介護保険の利用希望者は、ご自身が住んでいる市区町村の「介護保険課」や、「地域包括支援センター」に、申請することで、要介護認定を受けることができます。

・第1号被保険者(65歳以上)の場合、医師の意見書、介護保険被保険者証

・第2号被保険者(40歳~64歳)の場合、医師の意見書、医療保険被保険者証

を準備して、申請することで、要介護認定の審査を受けられます。

医師の診断書や、本人の生活状況の確認などを経て、被保険者がどのような状態で、どれほどの介護が必要かの判断がなされます。

 

この「要介護認定」で「要支援」または、「要介護」認定をもらうことで、介護保険を利用することができるようになります。認定を受けるまでに大体2ヶ月ほどかかります。

 

「要介護認定」が出ると、ケアマネージャーを選びます。ケアマネージャーとは、介護の方針などをきめる「ケアプラン」を被保険者や、そのご家族の要望ととともに決めてくれる方です。

各自治体から、被保険者の住んでいる地域のケアマネージャーのリストが送られてくるので、その中から何人かに電話をかけて、面談を行って、相性の良さそうな方を選ぶことをおすすめします。

 

ケアプランを組み立てたら、やっとケアプランに基づいた介護保険サービスを受けることができるのです。

 

65歳以上の第1号被保険者に分類される方は、このような行程を経て、介護サービスを必要としていることが認められると、介護保険を利用できるようになるのです。

まとめ

介護保険は、介護を必要としている人を社会全体で支えていくための制度です。

65歳という年齢を境に、第1号被保険者となり、要介護認定によって、支援が必要だと認められることで、介護保険のサービスを使えるようになります。

また、64歳未満でも、「特定疾病」が原因の人に限り、介護保険の対象となります。

 

介護保険が利用できる年齢は?という疑問の答えは、基本的には、65歳という答えが正解にはなりますが、年齢よりも、その人がどれほど介護を必要としているのか、といった点の方が重要かもしれません。

介護保険制度とは

記事一覧に戻る
どんなささいなことでも構いません。まずはご相談ください!

未公開情報もあります。まずはご相談ください!