介護職の離職率は高く、下げるにはどうすればいいのか

介護職の離職率は高く、下げるにはどうすればいいのか

介護職の離職率は高く、下げるにはどうすればいいのか
これから先、日本は高齢者が増え続けると考えられています。そうなった場合、介護職の需要が増え続けることになります。ですが、それと同時に離職率も上がり続けると言われています。ではなぜそれほどまでに介護職の離職率が上がり続けているのでしょうか。ここでは介護業界が抱えている問題点や、それらの実態を明らかにしていきます。

この記事の目次

介護が必要になる人に取るべき選択肢

介護職の需要は上がり続ける

なぜこれほどまでに離職率が高いのか

問題を解決するために行わなければならないこととは

どこの老人ホームが良いか相談するなら楽楽シニア

介護職が抱えている問題は一筋縄ではいかないのが実情

介護が必要になる人に取るべき選択肢

高齢化が進むと、自然と介護の必要性が増してきます。もし介護が必要になった場合、選択肢は二つあります。一つ目は家族で協力して介護する方法です。この方法は家族の病気に対する理解が何よりも重要です。少ない人数で介護を行う場合負担がすさまじく、次第に疲弊していき何事もうまくいかなくなってしまいます。また介護を必要といっても、病気によって介護の方法は様々。少ないサポートだけで日常生活を行えるのならば、家族だけのサポートでも十分な介護ができます。

重篤な障害を抱えている場合専門の知識などが必要になる場合もあり、家族だけのサポートでは限界に達することがあります。もう一つの選択肢は介護センターに預けること。介護センターには専門の資格を有した介護スタッフがいるので、家族が行うサポートは必要最低限で済み、負担もそれほど大きくはありません。家族で協力して介護するか、それとも介護センターに預けるかのどちらを選択するかは、家族全員で十分話し合って決めることが大事です。

介護職の需要は上がり続ける

上記にある通り、これから先高齢者は増え続けると考えられていますが、それと同時に需要が上がるのが介護職です。介護センターに入居する人が増えるということは、それだけ介護スタッフが必要になるということ。介護職はやるべきことが多く、一日に介護できる人の数に限りがあります。ですが介護を必要とする人は増え続けており、その問題を解決するためには多くの介護スタッフを雇うしかありません。そのため全国各地で介護職の需要は増え続けています。

そして、介護スタッフになるには一筋縄ではいきません。介護に関するありとあらゆる知識が必要なのは当然ですが、介護職は力も必要になります。そのため健康で力のある若者でなければ続けるのは難しい職業です。ですが専門の資格を取るだけでも費用や時間が必要になるため、介護職を志す若者は決して多くはないのが実情。需要は上がり続けているのに介護職を目指す人が少ないというのが介護業界の抱えている問題の一つです。

なぜこれほどまでに離職率が高いのか

介護職は離職率が他の職業に比べ格段に高いです。離職率が高いことの主な原因に激務であることが挙げられます。介護とは専門の知識が必要なことをはじめ、何かと重労働でもあります。ですが介護職の業務は呼ばれればすぐに駆け付けなければならず、決まった時間に休むことが難しいのです。そのため疲労が癒えることがなく体力に限界が来てしまい、離職に至りるケースも少なくありません。

他にも介護職の離職率の高さの原因の一つとして、給料が安いことが挙げられます。介護スタッフの賃金は在籍している病院や介護センターによって大きく左右されますが、介護の現場の最前線で活躍している若い人たちの給料が高いとは決していえません。介護職に必要なのは確かな知識と重労働にも耐えられる肉体ですが、それら両方を備えているのは若者です。そんな介護職の給料が安く激務なため、多くの人が一定期間過ぎれば離職しているのが実情です。

厚生労働省は介護保険制度をこれからも充実させることを掲げています。この介護保険制度の中には、看護小規模多機能型居宅介護と呼ばれる制度があります。これは専門の介護スタッフが各家庭に赴き介護するというもの。他にも介護医療院の設立にも力を入れていますが、これらを実現するにはより多くの介護スタッフが必要不可欠です。離職率が高いままの実現は難しいと言えるでしょう。

問題を解決するために行わなければならないこととは

離職の問題を解決するために行わなければならない方法はいくつかあります。まずは介護ロボットの導入が効果的ではないかといわれています。介護ロボットを導入することで、重労働の部分を担ってくれるため、非力ですが知識と経験が豊富な介護スタッフでも最前線に赴くことが可能なります。ほかにも事務作業にAIを導入するのも効果的です。大まかな事務作業をAIに肩代わりしてもらうことで、事務員を雇う必要がなくなりその分介護職の待遇改善に尽くすことができます。

また、外国人を受け入れることも考えられています。最近ではコンビニなどで多くの外国人が働いていますが、介護職でも外国人が働ける環境を整えるだけで大幅に人員を増やすことが可能になります。ですが資格が必要になる介護職なので外国人であっても、それらの資格が取れるようにしなければなりません。

どこの老人ホームが良いか相談するなら楽楽シニア

大事な家族を預けるならば、なるべく離職率の低い安定した老人ホームを選びたいですよね?けれど、数ある老人ホームの中からどこを選べば良いか分からない方にオススメなのが楽楽シニアです。介護の現場に詳しい者が相談相手となり、入居者の一人一人にあった老人ホームを提案してくれます。
相談にも特に費用は発生しないので、まずは相談してみてはいかがでしょう。

お問い合わせはこちら

介護職が抱えている問題は一筋縄ではいかないのが実情

介護職は離職率が高いですが、これから先ますます需要が高まると言われています。慢性的な人材不足の問題を解決するためには、まず介護職の離職率の高さをできるだけ下げることが重要です。そのためには介護ロボットの導入や外国人の受け入れなど、様々方法で解決することができるかもしれません。離職率が高いままでは、たとえ一時的に人員が増えてもまた人手不足になります。
介護をする人も受ける人も双方が満足のいく体制を整えることが重要です。

介護の問題・トラブル

記事一覧に戻る
どんなささいなことでも構いません。まずはご相談ください!

未公開情報もあります。まずはご相談ください!