高齢者の孤独死をどのように減らすのか、その対策

高齢者の孤独死をどのように減らすのか、その対策

高齢者の孤独死をどのように減らすのか、その対策
独り暮らしの高齢者が誰にも看取られず、自宅や敷地内で突発的な疾病等で亡くなることをいう「孤独死」ですが、日本では推定2.7万人いると言われています。 自ら独りでいることを望む人も中にはいるのかも知れません。ですが、様々な理由から独りでいなければならなくなってしまい、最期は孤独死という形で終わりを迎えてしまう方もいます。 では、そういった孤独死を減らすためにどのような対策を行っていけばいいのでしょうか。

この記事の目次

支援してもらえる体制·支援できる体制を作りましょう!

様々な支援サービスを知っておきましょう!

楽楽シニアに相談するのもオススメ

自分の体は自分で守りましょう!

自ら行動し、孤独死にならない生活をしましょう!

支援してもらえる体制·支援できる体制を作りましょう!

まず、独り暮らしをせざるを得ない高齢者の場合、兄弟·子供·親戚とは縁が切れている、もしくは元々いない場合があります。そのような場合、定期的に様子を見に来てくれる人がいなかったり、いざという時に病院へ連れてってくれる人がいなかったりと孤独死に繋がることがあります。
では、そのような高齢者はどのようにすればいいのかというと、近所の人や友人といった身近に介護や支援をしてくれる人を見つけておくことが大切です。これは、独り暮らしをしている本人の性格や環境で難しい場合もありますが、いざという時には、やはり1番近くにいる人の存在が非常に大きくなります。少しでも外に出る機会を増やし、可能な限り交流を持ち、自分自身の生活習慣を周りの人に知っておいてもらうのがポイント。そして、支援をしてもらえるような関係が築けた場合は、どんな時に助けてもらいたいのか、何かあった時にはどうして欲しいのかという意思を伝えておくことも重要になります。
そして、本人だけではなく、高齢者が家族にいる人は可能な限りのサポートをし、本人の意思を聞いておきましょう。例え物理的に難しい場合でも、これから述べるように様々なサポートの方法はあります。そして、身内ではなくても、自分の住んでいる場所に独り暮らしをしている高齢者がいる場合はいつも外に出ている時間に会わなかったり、様子がおかしいと感じたりしたら声をかけましょう。少しでも気にかけてあげることで気づけることは多くあります。

様々な支援サービスを知っておきましょう!

先程述べたように、身近な人たちで支え合えることがまずは大切です。しかし、近くに住んでいる人がいないなど、現実的に難しいことも多いです。そういった場合はどうすればいいのでしょうか。
今や現代社会で孤独死が問題視されるようになり、国や自治体は様々な支援サポートを行うようになってきました。
例を挙げると、独り暮らしをしている高齢者の安否がわかるようにセンサーを取り付け、異常があればサポートセンターに連絡がいき、そこから親族や自治体等に異常が知らされるというサポートです。これは、近くにいることが出来なくても何かあったときにはすぐに駆けつけることが出来るため、早い処置が可能になります。
他にも、高齢者が毎日血圧を測定する習慣を身に付け、その結果が自動的にサポートセンターに送信されるサポートもあります。体調を確認·管理していき、送信されてこない場合は連絡を取り、安否を確認したり、自治体の担当者が週に2回など定期的にメールや電話、訪問などで高齢者の安否を直接確認するという方法もあります。家族がいた場合でも仕事の都合や家庭の都合で連絡がなかなか取れない場合もあるので、その役割を代わりに行ってくれるというサポートの仕方になります。
今回挙げたのは数多くあるサポートの中の2つなので、どのようなサポートがあるのか、どんな手続きが必要なのか、あらかじめ調べておくと良いでしょう。その中で自分に合ったサポートを見つけておくことで、孤独死を減らし、安心した生活を送ることができます。

楽楽シニアに相談するのもオススメ

大切な命を少しでも大事にするならば老人ホームへ入居するという選択肢もあります。
ですが、「たくさんあってどこがいいのかわからない」という方も少なくありません。関東を中心に介護に精通した者がピックアップした老人ホームを、入居者の方に合わせて提案します。
自分で調べて口コミなどを参考にしてもいいですが、ここはやはり専門の方に聞くと、より良い意見が聞けます。
無料で相談に乗ってくれるので、どこが良いか迷っている方は是非プロの意見を参考にしてみてもいいでしょう。

お問い合わせはこちら

自分の体は自分で守りましょう!

これまで述べてきたことは、何かあった時の対策になりますが、まずは病気のリスクを減らしておくことは大前提で大切です。
体に異常を感じることがなくても、定期的に検査を受けることや、食事や運動といった生活習慣をしっかり考えておくことで病気のリスクが減り、突然の不幸を防ぐことができます。ただし、高齢となると健康のために運動をしようとしてつまずいたり、関節を痛めたりと良かれと思ってやったことが裏目に出てしまうこともあります。食事もやはり専門の知識を持った人に聞くのがいいでしょう。なので、まずはどんなことをしたらいいのか、自分にはどんな方法が合っているのか専門家に相談してみることが大切です。
日々の生活から健康を意識して、万が一のリスクを最小限に抑えておきましょう。
そして、なにか異変があったときにはすぐに医療機関を受診します。その為にもかかりつけ医を見つけておきましょう。かかりつけ医は定期的に患者さんを診ることで、本人が気付かない変化に気付いてくれる可能性があります。
何かが起こってしまう前に自分で自分の体を守ってあげましょう。

自ら行動し、孤独死にならない生活をしましょう!

先程述べたように、孤独死にならないためには、身近な人とのコミュニケーションをとる事、サポート体制を知っておくことが非常に重要となってきます。
身内がいなければ助けてくれる人がいないなんてことはありません。家族だけで抱える必要もありません。不安に思ったらすぐに相談できる場所があります。
不安のない生活を送る為にも、相談をすることが大切です。

介護の問題・トラブル

記事一覧に戻る
どんなささいなことでも構いません。まずはご相談ください!

未公開情報もあります。まずはご相談ください!