老老介護と認認介護の概要と問題点、そして一番重要な対応策

老老介護と認認介護の概要と問題点、そして一番重要な対応策

老老介護と認認介護の概要と問題点、そして一番重要な対応策
老老介護や認認介護に直面した場合はどのような対応を取ればよいのでしょうか。高齢化が進む日本では多くの人がこの問題を避けて通れません。この問題に対する対策を考えるためには現在の状況と問題点の把握を先にしなければなりません。その上で、どのような対応をしていけばよいのか考えましょう。この記事では老老介護と認認介護の問題点を解説し、政府や自治体がこの問題にどのような対策をしているかを解説します。

この記事の目次

老老介護と認認介護の概要

老老介護と認認介護の問題点

世間一般ではどのような対策をしているのか

老老介護や認認介護に対する一番重要な対策は孤立させないということ

老老介護と認認介護の概要

老老介護とは65歳以上の高齢者を同じく65歳以上の高齢者が介護している状態のことを指します。例えば、高齢の夫が高齢の妻を介護するという状況や、65歳以上の子供がその親を介護するという状況を老老介護と呼びます。また、認認介護に関しては認知症の要介護者を認知症になっている人が介護するという状況を指します。この認認介護に関しては介護する人自身が認知症であるという自覚がないままに行われている状況も存在します。

避けられぬ社会背景

日本の平均寿命が高齢化するにしたがって、介護問題が浮き彫りとなってきました。さらには、日本国内で多くの割合を占める高齢者を介護する人材の不足から、高齢者が高齢者を介護するという状況に。また、核家族化したことにより親と子供とが別々で生活するようになりました。親と子供が物理的に近くに住んでいればそれほど問題が無いのですが、居住地の距離が遠いと配偶者同士か兄弟姉妹での介護が必要になってしまう状況になってしまいます。老老介護や認認介護が増えてきたことには、これらの高齢化と核家族化という社会的背景があります。

介護される側の心の負担

介護を受けなければならない人々にも問題がある場合があります。要介護者本人たちが子供の世話になることを拒否しようとする場合や介護施設への入居を拒否しようとする場合がそれに当たります。このことによって、老老介護が常態化してしまいます。老老介護の状態にある高齢者が認知症を患ってしまうということも考えられます。そうなると老老介護であると同時に認認介護の状況にもなりかねません。こうなると、日々の生活もままならないために非常に危険な状態が続いてしまうことになります。

老老介護と認認介護の問題点

介護の仕事内容は入浴や食事や排せつなどの介助です。要介護者の体を持ち上げたり支えたりするという肉体労働もこなさなければなりません。こういった肉体労働を高齢者が行うには体力的な問題が発生します。若い世代の介護施設のスタッフですら腰痛を抱えている人が多くいます。これは介護の職業病ともいわれているくらいです。これほどの肉体労働を高齢者が行うのですからさらに負担がかかると考えてよいでしょう。

体力的な問題とも関連するのですが介護者が心身ともにストレスを感じてしまい、最悪の場合には要介護者に対する虐待行為にまで発展してしまうというケースもあるようです。こういったことから、介護者に対するサポートもないと共倒れしてしまうということも考えられます。老老介護にはこのような問題点があります。

認認介護の問題点としてまず起こりえる問題は介護者が認知症により記憶障害や判断力が低下してしまっているということです。例えば、食事や排せつの世話を行ったかどうかということの認識がなくなってしまっているという場合も考えられます。こういった状況が続くと低栄養状態や不衛生な状況になり身体的に危険な状況に陥ってしまいます。また、火の始末や徘徊中に事故に合ってしまうという可能性も高まります。

世間一般ではどのような対策をしているのか

厚生労働省は高齢化が進む日本の社会問題を解決するべく地域包括ケアシステムの構築を進めています。このことにより老老介護や認認介護に直面してしまった本人や家族、友人から電話やメール、または訪問によって地域包括センターに相談できるようになりました。

経済システムで補助もある

また、40歳~64歳までの各医療保険者が介護納付金を納めることによって老後に介護施設や病院に入る場合の負担額を軽減するという経済的な負担を減らすシステムも構築されています。このことにより経済的な理由から施設に入らず、老老介護や認認介護になってしまうという状況を軽減することが可能になります。

高齢者の孤立を減らす取り組み

自治体によってはボランティアやシルバー人材センターによる活動により高齢者の孤立を避けようという取り組みがなされています。この活動により、老老介護や認認介護を行っている孤立した家庭を減らし、無理なく多くの人で助け合うことができています。特に認知症は本人の自覚がないままに進行するというケースも多いため、お互いに状況を確認しあうということにもなっています。

地域の連携で見守る

親が老老介護や認認介護状態になったとしても、子供が近くにいられないという場合も多くあります。そういった場合は親を孤立させないために、近所の付き合いを強化して親の様子を確認してもらうということも一つの方法です。現在では、高齢者の介護に関して政府等の対応により市民の認識も高まっているため比較的近所の人々も協力してくれる可能性があります。親の家を訪問すると同時に近所へのあいさつも重ねて行いましょう。

不安ならまずは楽楽シニアへ

老老介護や認認介護など、老人同士で介護をするのには限界があります。ご家庭ごとにどういった形で暮らすのがいいか迷った際は、専門の方に聞くのがオススメです。
また大変だと思っていたことも、相談することで意外と簡単な解決策が見つかることもあります。
老人ホームへの無理な勧誘や費用などはありませんので、まずは一度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせはこちら

老老介護や認認介護に対する一番重要な対策は孤立させないということ

老老介護や認認介護による共倒れや危険な状況に合わないようにするのに一番重要なことは本人たちを孤立させないということです。常に状況を把握しておけば対応策を練ることも出来ますが、孤立させてしまうと状況も把握できないままに危険な状況にさせてしまうことになってしまいます。政府や自治体のサポートも受けるのも良いですし、知人・友人と共に協力して見守っていくことに力を入れていきましょう。

介護の問題・トラブル

記事一覧に戻る
どんなささいなことでも構いません。まずはご相談ください!

未公開情報もあります。まずはご相談ください!