今注目のケアマネージャーとは?本音や実際について解説

今注目のケアマネージャーとは?本音や実際について解説

今注目のケアマネージャーとは?本音や実際について解説
要介護者とその家族の生活をサポートするうえで欠かせないケアマネージャー。ケアマネージャーになるためには、保健や医療や福祉について幅広い知識が必要です。そして要介護者やその家族が求めるニーズに対してケアプランを作成し、各機関との調整を行うことが主な仕事内容です。やりがいのある仕事ですが、その一方で理想とのギャップを感じる人もいます。ここではケアマネージャーの本音や実態について解説します。

この記事の目次

今後注目されるケアマネージャーとは

ケアマネージャーとして働いている人の本音

給与などケアマネージャーの実際とは

優秀なケアマネージャーがいる老人ホームは?

今後も欠かせない存在のケアマネージャー

今後注目されるケアマネージャーとは

介護に関わる人であれば、その存在を知らない人はいないであろうケアマネージャー。ケアマネージャーは介護支援専門とも呼ばれていて、介護保険制度におけるケアマネジメントを行う専門職です。資格を取得するためには、各都道府県が行う介護支援専門員実務研修受講試験をクリアしなければなりません。さらに、介護支援専門員実務研修の全日程を休まず受講し、レポートも提出する必要があります。ところでケアマネージャーの試験を受けるためには、保健や医療や福祉について幅広い知識を必要とすることから受験要件が定められています。具体的には相談援助業務の経験が5年以上、かつ従事した日数が900日以上など、かなり高目のハードルが設けられています。

このようにケアマネージャーの資格は、実務経験を積んだ人が試験や研修を受けることで初めて与えられます。幅広い資質が求められるケアマネージャーは、介護プランの作成や、介護事業所や医療機関との調整など、様々な業務を担当します。もちろん介護保険に関する知識が豊富であるため、これから介護を受ける人やその家族にとって、快適な生活を支援してくれるとても頼りがいのある存在です。ケアマネージャーの質が良いほど、快適な介護が受けられるといっても過言ではありません。何故ならケアマネージャーが作成するプランで、要介護者の生活の質が変わってくるからです。今後はケアマネージャーの存在がますます注目されていきます。

ケアマネージャーとして働いている人の本音

要介護者やその家族が求めるニーズや課題に応じて適切なケアプランを作成し、各機関との連絡調整を行うケアマネージャー。彼らの就業先として、施設系と居宅系の2種類があります。施設系とは施設でサービスを行う事業所であり、居宅系とは利用者の家を訪問してサービスを行う事業所のことです。施設系で働くケアマネージャーは、事業所で役割が分担されているために働きやすいです。しかし実際は入居者が増えることで慢性的な人手不足になる事業所が多く、ケアマネージャーの主業務以外を兼業せざるを得ないのが本音です。一方、居宅系で働くケアマネージャーは、要介護者やその家族の都合に合わせて勤務を調整することが多いです。例えば家族と面談する場合は、平日夜間や土日になることも少なくありません。

仕事としてはとてもやりがいのあるケアマネージャーですが、理想と実情とのギャップに悩む人が多いといわれています。認知症や老老介護など、利用者が抱えている問題は多種多様であり、ケアマネージャー個人だけでは解決できない問題に直面することが多いです。利用者目線に立ってとことん追求しようとしても、他にも問題を抱えている利用者はたくさんいるため、なかなか難しいのが本音です。ある研究所が発表したデータによれば、一事業所に所属するケアマネージャーが受け持つ担当利用者は平均約25人です。また、一事業所に所属するケアマネージャーは平均約3人です。このように1人のケアマネージャーが抱える利用者はとても多く、今後も増える可能性はあります。

増え続ける仕事量に対して、「利用者1人1人のケアが行き届かない」と悩むケアマネージャーは少なくありません。そのためケアマネージャーが抱えている本音として、自分の力量について不安があると答える人が非常に多いです。さらに残業が多くて、持ち帰りの仕事が多いと悩むケアマネージャーもいるのが現状です。

給与などケアマネージャーの実際とは

専門性の高い知識が求められるケアマネージャー。どれくらいの給料をもらって働いているか、関心を持つ人が少なくありません。実際ケアマネージャーの平均月収は25万円前後といわれています。これは額面の金額であり、これから社会保険や税金などを引かれると、実際の手取り額はもっと少ないです。さらに賞与が含まれる年収ベースでは350~400万円くらいが一般的です。そのため、仕事量の割に賃金が低いと考えるケアマネージャーがたくさんいます。

さらにケアマネージャーは、様々な要介護者のケアプラン作成を担当します。中にはサポートが困難と感じる要介護者も存在します。例えば経済的事情で十分な支援が受けられない人のサポートは大変と感じるケアマネージャーは多いです。更に認知症が重症化し徘徊などの問題行動を起こしたり、要介護度が高いにも拘らず独居だったりする人もサポートが難しいといわれています。

優秀なケアマネージャーがいる老人ホームは?

せっかく、お金を払って老人ホームへ入るのであれば、優秀なケアマネージャーがいる方がいいですよね?
まずは、老人ホームへの入居者がどういったことを必要としているのかをまとめておくと良いでしょう。あらかじめ必要な要項を整理しておくことで、入居者に適した老人ホームを選べるのです。
そして、要項を整理するのにオススメなのが楽楽シニアへの相談。
ここでは介護業界に詳しい専門家が相談に乗り、相手の予算にあった施設を紹介したり、ご家庭ごとの事情に合わせた提案をしてくれたりします。
ケアマネージャーがどういった人がいるのかも相談に乗ってくれるので、まずは連絡してみると良いでしょう。

お問い合わせはこちら

今後も欠かせない存在のケアマネージャー

介護を必要とする人が増えていて、ますます仕事量が増えると考えられているケアマネージャーの中には、自分の力量について不安を感じたり、仕事量の割に賃金が低いと悩だりする方もいらっしゃるでしょう。しかし、ケアマネージャーが作成するケアプランで救われる要介護者が多いことも事実です。待遇の改善など課題はありますが、他の専門職に比べてやりがいを感じられる注目の職業でもあるのです。

介護の問題・トラブル

記事一覧に戻る
どんなささいなことでも構いません。まずはご相談ください!

未公開情報もあります。まずはご相談ください!