介護ロボットの現状や今後について

介護ロボットの現状や今後について

介護ロボットの現状や今後について
慢性的な人手不足によるサービスの提供や対応の不十分さを補うため、介護ロボットの開発や導入が注目を集めています。ただ実際に介護ロボットがどのようなものなのか、何ができるのかよくわからないという人も多いですよね。 そこで今回は介護ロボットとは何かをはじめとして、介護ロボットの現状やできること、そして今後について解説していきます。

この記事の目次

介護ロボットとは何か

介護ロボットにできること

介護ロボットの現状について

介護ロボットの今後は

介護ロボットは介護の問題を解消してくれる存在となる可能性を秘めている

介護ロボットとは何か

介護ロボットとは、介護を必要とする高齢者に対する介護をサポートしてくれるロボットの総称を言います。
ただ直接高齢者に対しての介助を行うことができる介護ロボットの開発はされておらず、介護を行う家族や介護職員の仕事をサポートしてくれる役割を担っているものが多いです。そのため介護支援ロボットや介護福祉ロボット、生活支援ロボットと称されることもあります。
これらの介護ロボットを導入するメリットとしては、人手不足から十分な介護サービスを提供できない家族や介護職員の手助けとなる点です。特に高齢者の様子を見守ったり、必要に応じて声掛けや音で呼びかけてくれたりする機能は、人の目が届かない部分をサポートしてくれると高く評価されています。

また介護ロボットは介護を行う人だけではなく、高齢者自身にとっても大きなメリットを持つ存在です。
機能によって高齢者の生活をロボットが支援してくれるのはもちろん、一人暮らしをしている高齢者にとっては自分たちの生活を見守ってくれたり、家族とつないでくれたりする大切な存在となっています。このように高齢者の安全も守ることができる点が、介護ロボットの重要な役割だと考えられているのです。

介護ロボットにできること

介護ロボットができることは、ロボットの種類によって異なります。
例えば介護支援型の介護ロボットの場合は、高齢者の介護を直接サポートすることが可能です。実際に人間を抱え上げたり抱えて移動してくれるものもあれば、介護する人が体に装着することで高齢者を抱えたり支える際の負担を軽減させる機能がついているものもありますよね。また掃除などの日常生活をサポートする介護ロボットもあり、介護の内容によって使い分けることができます。

また自立支援型の介護ロボットであれば、シニアカーやトレーニングマシンのようなものが挙げられています。これらは主に自力で歩けない人たちの移動を支える介護ロボットとなっており、利用することで高齢者の生活範囲を広げたり、自立してできることを増やしてくれたりという効果が期待されています。
ほかにも食事を支援する介護ロボットもあり、こちらは机の上に置くことで自動的または半自動的に高齢者の食事を手伝ってくれるようです。

そしてコミュニケーション・セキュリティ型の介護ロボットは、主に見守り機能が搭載されています。
これによって遠くに離れている家族が高齢者の様子を知ることができたり、通話したりすることができます。さらにコミュニケーション機能としてロボットと会話ができるものやリラクゼーション効果のある音楽をかけてくれるものなど、精神的な面で介護をサポートしてくれるものもあるのです。

介護ロボットの現状について

このように介護をする人だけではなく高齢者にとっても介護や生活を支えてくれる存在となる介護ロボットですが、現状としてはまだ一般的に普及していない傾向があります。これは介護ロボットの存在がまだ一般に認知されていない点が理由とされているほか、導入する際のコストが高いこと、自立保険で費用を賄うことができないことなども挙げられているようです。
ただ介護支援型やコミュニケーション・セキュリティ型の介護ロボットは一般企業がサービスの一環として提供しているほか、介護保険が適応されているものもあるため、一般家庭で利用しているところも徐々に増えてきていると言います。

介護支援型の介護ロボットも、種類によっては通常の家電のように販売されているものも少なくありません。
そのため現状としてはまだ一般的な認知度や普及率はそこまで高くはないものの、日常的に利用されているものもいくつか見受けられています。特に金額的にそこまで高額ではないものや生活上どうしても必要なものは導入されていることが多く、介護施設や事業所よりも一般家庭で普及している傾向が多くみられているようです。

介護ロボットの今後は

まだまだ認知や普及が十分ではない点が問題点とされている介護ロボットですが、介護事業所を対象にして介護ロボットの導入に関する補助金が出る制度が設けられるのではないかと注目を集めています。この制度が確立されれば一般家庭だけではなく介護施設や事業所でも介護ロボットが導入されるようになり、慢性的な介護職員の人手不足を解消するきっかけになるのではないかと期待されているようです。
ほかにも介護業界だけではなくロボットの分野や業界の成長や動きは活発なものとされているため、今後も様々な介護ロボットが開発・導入される可能性が高くなっています。それによってより介護の手間や負担を軽減してくれる介護ロボットが登場することも期待されているので、介護ロボットの今後に関して介護業界全体が期待を寄せていると言われています。

介護ロボットは介護の問題を解消してくれる存在となる可能性を秘めている

介護をする人や高齢者の介護に関する問題や負担を解消してくれるサポート的な役割を持つ介護ロボットは、まだまだその存在を知らない人が多く、なかなか導入に関しても普及が進んでいません。ただ今後は導入に関して補助金制度が設けられる可能性が高く、一般家庭や介護施設・事業所での様々な活躍や導入に期待が寄せられています。

介護の問題・トラブル

記事一覧に戻る
どんなささいなことでも構いません。まずはご相談ください!

未公開情報もあります。まずはご相談ください!