介護難民をなくすために必要なこと

介護難民をなくすために必要なこと

介護難民をなくすために必要なこと
日本では今かつてないほどの速さで高齢化社会が進行しています。国民全体に占める高齢者の割合は増加し続け、2010年代の後半には全人口の25%以上が65歳以上の高齢者になっています。このような高齢化社会の進展の中で問題となっているのが介護の問題で、介護を必要としているのに受けられない介護難民の存在が大きな社会問題になっています。

この記事の目次

介護難民の原因となっている高齢化社会の進展

介護を支える若い世代の人の割合を増加させるために

介護難民の増加が著しいと予測される地方社会の対応

介護難民にならないためにできること

介護難民を防ぐために必要なこと

介護難民の原因となっている高齢化社会の進展

介護難民の問題を解決するための大きな障害となっているのが、日本の人口の平均年齢の問題です。日本では世界でも有数の長寿大国として知られ、国民全体の平均年齢も世界でトップクラスです。国民の平均年齢は45歳を超えて、国民の4分の1は65歳以上の高齢者です。このような高齢化が進んだ背景には二つの理由があり、一つは国民の平均寿命の増加で、もう一つは出産率の減少です。健康に関する関心が高まり、栄養状態も改善したことが国民の平均寿命を増加させた理由となっているのですが、その反面、子供を生まない若い世代の人も増加しているために、国民全体に占める高齢者の割合が増加しています。こうした傾向は日本だけでなく、ヨーロッパなどの先進国に多く見られている現象です。この現象が進行していくと、仕事を引退した高齢者を支える若い世代が減少して、一人一人の若い世代にかかる負担が重くなっていきます。

介護難民の問題もこうした若年世代の減少がその大きな要因の一つとなっています。働く世代の人口そのものが減少し続けているために、結果として介護の仕事につく若い人の数も減少しているからです。こうした状況が進展していくことで、介護を必要とする高齢者の数が増加する一方で、それを介護する職員の数が減少し続け、より多くの人が介護難民として必要な介護が受けられないような状態になってしまいます。

介護を支える若い世代の人の割合を増加させるために

したがって介護難民を減少させるためには、介護の仕事につく若い世代の人を増やす必要があるのですが、若い世代の人の割合そのものが減少し続けているために、現実には簡単には解決しづらい問題です。2030年代には人口全体に占める高齢者の割合が3分の1を超えることも予想されているために、人口問題が解決されないかぎりは今後もますます介護難民の数が増えると予想されています。高齢化社会の進展を遅らせるために一番効果が高いのが、生まれてくる子供の数が増えることですが、こちらも日本が抱えているさまざまな社会問題と関係しているために簡単には解決しにくい問題です。

若い世代の人が子供を生まなくなったことの背景には、将来に関する不安という要因もあります。1980年代の後半から始まった長期間にわたる経済の不況は、日本の企業のおける雇用制度を変化させ、子供を育てることに不安を感じている若い人が増えていることが、出産率の減少の一つの原因と考えられています。そのために、高齢者の介護を支える若い人が増加させるためには、若い世代の人が安心して子供を生めるような環境作りを進めていくことが重要です。子育ての負担を軽くするために、これまでも政府ではさまざまな対策がとられてきましたが、これからは経済的な負担だけでなく、精神的な負担を軽くできるような対策を取ることも求められています。

介護難民の増加が著しいと予測される地方社会の対応

日本における介護難民の増加は、都市部よりも地方により多く発生するものと予測されています。それは都市部よりも地方のほうが、住民全体に占める高齢者の割合が高いために、平均年齢が長くなっているからです。そのために、介護を必要とする高齢者の割合が多いにもかかわらず、それを支える若い世代の介護職員が少ないために、地方では今後もますます介護難民の数が増えると予想されています。

地方都市に若者が少ない理由とは?

地方都市に若い世代の人が減少している背景には、もともと生まれてくる子供の数が少ないということも理由としてあげられます。また子供が成長して進学や就職のために地方を離れることも多く、そうしたことが地方における若年世代の割合をさらに減少させる要因となっています。

若者が離れていく原因は?

若い世代の人が地方を離れる背景には、大都市のほうが生活や就職にも便利だということが理由としてあげられます。こうした傾向を解消して地方にも、介護職を支える若い世代の人を増やすためには、地方をより魅力的な生活の場所にすることが必要です。都会は商業施設も多く、買い物やレジャーにも便利な場所ですが、若い世代の人の目を地方に向けさせるためには価値観の変革も必要です。地方には都会にはない魅力があり、そうした魅力に気づいた若い世代の人が増加することで、地方における若年人口の流出を抑制力となることが期待されています。

介護難民にならないためにできること

これまでにご紹介したように、将来的に老人の数が増加するであろう社会で、介護難民の可能性は少なくありません。そんな状況でも、一人で悩まず専門家に相談してみることをお勧めします。
特に楽楽シニアでは介護業界の専門家が無料で相談に乗ってくれます。関東を中心に展開しておりますが、まずは相談してみてどういった老人ホームが空いているのか、また入居者に適した老人ホームを提案してもらえます。

お問い合わせはこちら

介護難民を防ぐために必要なこと

高齢化社会が進んでいる日本では、何の対策もとらなければ今後もますます介護難民の数が増加するものと予想されています。介護を必要とする全ての人が十分な介護を受けられるようにするためには、それを支える若い世代の人の増加が不可欠です。都市部だけでなく地方にも若い世代の人口を増加させるためには、社会全体の子育てに対するバックアップが重要になってきます。

介護の問題・トラブル

記事一覧に戻る
どんなささいなことでも構いません。まずはご相談ください!

未公開情報もあります。まずはご相談ください!