お客様の声

No,1 相談から5日で入居へ 80代男性 / 要介護4 / 胃部末期癌 / 認知症

父は誤嚥性肺炎で入院していましたが、治療を終えて退院の日を迎えようとしていました。しかし母と二人暮らしの自宅には戻れず、早急に対応してくれるホーム(施設)を探さなければいけませんでした。父は末期癌を患い、IVH(中心静脈栄養法)と夜間痰吸引を行わなければいけなかったからです。延命措置は望まず、できればホーム(施設)での看取りを希望していました。楽楽シニアの入居相談員の方に、それらの希望をお伝えして状況をお話ししました。いくつかのホーム(施設)をご提案頂いた中で、協議の結果、24時間看護・介護体制が整い、クリニックが併設され、主治医との連携で看取りができるホーム(施設)となりました。それからすぐに希望に合うホーム(施設)の主治医との面談が叶い、わずか5日間で即入居できました。迅速に対応して下さったおかげで家族も安心しています。

No,2 個別リハビリにより無理なく機能回復へ 70代女性 / 要介護3 / 半身麻痺 / 認知症

母は脳梗塞で倒れてから半身麻痺が残り認知症も出てきたので、自宅での介護も難しくなりました。楽楽シニアへ依頼した条件は、リハビリ病院で行っていた個別リハビリを継続できるホーム(施設)、ということでお願いしました。相談してすぐに理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が常駐する、リハビリ専用室を完備したホーム(施設)を紹介いただきました。1回30分を基準に、1週間2回無料でリハビリを受けられるホーム(施設)だったため、入居を決めました。ホーム(施設)とリハビリ病院との連携のおかげで、母の状態にあったリハビリが無理なく継続されています。

No,3 認知症の方でも安心 80代女性 / 要介護2 / 認知症

認知症から千葉県内の病院に入院。一ヶ月後、病院側から退院通告を受け、今後の方向性を模索。そこで、病院側から楽楽シニアへ相談がありました。その頃、K様のお母様は認知症が進行しており、居室内での徘徊行為が見受けられるようになっていました。K様が希望されたのは、認知症が進行してもしっかり温かいケアをしてくれる有料老人ホームだったことから、家庭的で温かな介護が好評の千葉県内の有料老人ホームをご紹介、ご入居に至りました。

No,4 求めていたのは、しっかりとした見守りと手厚い看護体制 90代女性 / 要介護5 / 認知症 / 誤嚥性肺炎

嚥下性肺炎を起こし入院。IVH(中心静脈栄養法)ポートをご自身で抜いてしまうことが度々あります。A様自らが、数箇所の有料老人ホームへ直接相談に行かれたようですが、残念ながら前向きな回答が得られず、楽楽シニアへ相談がありました。A様が希望されたのは、充実した生活環境で日々を過ごして欲しい、しっかりとした見守りを含めた生活管理、介護体制万全の有料老人ホームだったことから、神奈川県内の24時間看護師が常駐する、手厚い介護に定評のある有料老人ホームをご紹介、ご入居に至りました。

No,5 バルンカテーテル装着 80代男性 / 要介護3 / 膀胱炎

食欲不振が続き、病院へ検査に訪れてそのまま入院となってしまったお父様は、胃ろうの造設をご家族の意向から拒否しており、栄養補給は点滴対応になっています。バルンカテーテルを入れている状況で、病院側から長期滞在ができないこと、今後の方向性として有料老人ホームを検討したいとのことから、楽楽シニアへ相談がありました。S様が希望されたのは、医療と介護の安心感が高い有料老人ホームだったことから、神奈川県内の24時間看護師が常駐する、手厚い介護に定評のある有料老人ホームをご紹介、ご入居に至りました。

No,6 そっと寄り添う家族の様なケアと生活管理 70代男性 / 要介護1 / 認知症 / うつ病

ケアハウスに入所中、ビール好きな性格から決められている本数では足らず、自由に外出できる環境を利用し、外で飲酒を行うようになってしまいました。また、部屋で喫煙するようになり退屈を余儀なくされておりました。そこで、楽楽シニアへ相談がありました。M様が希望されたのは、軽度ではありますが認知症およびうつ病を患っていることを踏まえ、しっかりとした見守りを含めた生活管理、ケアをしてくれる有料老人ホームだったことから、家族のような関係性に重きを置いた千葉県内の有料老人ホームをご紹介、ご入居に至りました。

Page Top
Rocket Fuel